小島企画の活動内容は主としてデザインフェスタへの出展とライブペイント

様々な媒体による創作・表現で全世界へ発信

DSC_5572.jpg

46823_247855548682986_874548471_n.jpeg

IMG_1986.jpg

DSC_5556.jpg

577791_327040150697027_2123745526_n.jpeg

IMG_2021.jpg

DSC_2932.jpg

P1020037.jpg

DSC_3047.jpg

P9162707.jpg

スクリーンショット 2013-05-03 11.41.27.png

IMG_2617.JPG

東北出身の構成員が考えたこと
芸術や文化によって各々の生活を表現すること

東日本を芸術と文化で放つ祭り集団として帆を掲げた小島企画。主に東日本を活動範囲とし、特に東北の現代における生活と文化を各々が感じるままに自由に捉え、写真や絵画・映像などといった視覚的な表現によって具現化する。小島企画の結成後、初となる活動は平成24年5月中旬に催されたアジア最大級のアートイベント「デザインフェスタVol.35」への出展である。小島企画は各々が制作した写真や映像、手描きのリアルイラスト等の作品を出展することで各々の表現に精を尽くした。また、同時にデザインフェスタVol.35出展時には自ら募金活動も行い、2日間で¥3,220という金額を集めることに成功。これらの金額は、例えばはしか予防接種に換算すれば約170人分の摂取を可能。また、難民キャンプで換算した場合、約120人分の教科書代に値する金額である。東北の草木や生命のある植物、生物をモチーフとしながら各々の生活と文化を自由に表現し、それらによって人間の命をつなぐ役割を果たすことにも小島企画は挑戦している。(集計金額は全額日本赤十字社に入金)

東北から世界へ発信
人種、国境を超えた視覚表現に挑戦

小島企画の展開は、デザインフェスタなどの大規模なイベント出展のみに留まらない。日本全国各地での野外ライブ活動なども不定期に展開。人種や国境を超えた活動を目指し、東南アジア、アメリカ合衆国アリゾナ地帯などへの展開も計画中である。東日本、そして東北という伝統と歴史のある文化圏で何気ない生活を過ごすこと。その中で自然に生まれる制作意欲やエネルギーを源に、世界に展開していくことがすべてである。
もしかしたら既にあなたの住む街にも小島企画がやってきて、パフォーマンスの披露はもちろん、素顔で調査している姿を見れる日が訪れるかもしれない。小島企画の目印は、カラフルなつなぎユニフォームと、それに反する家紋のようなロゴマークだ。

18103_213911098744098_675885214_n.jpeg

IMG_0606.jpg

68671_218934074908467_106172460_n.jpeg

P8151882.JPG

579540_343241365743572_1053143222_n.jpeg

P8094710.JPG

P6051443.JPG

DSC_3070.jpg

P9132268.JPG

IMG_2442.jpg