福島県郡山市から派生した小島企画構成員は、写真と映像の文化をもたらした。

構 成 員 一 覧

nao.jpgnao.jpg
No.0000
C.E.O 小島 直人
東北エリア 仙台支部

oga.jpgoga.jpg
No.0001
エリア長 尾形 篤
東北エリア 山形支部

dai.jpgdai.jpg
No.0002
C.E.O 補佐 佐藤 大地
南関東エリア 東京支部

tomo.jpgtomo.jpg
No.0003
幹部 高野 朋矢
北関東エリア 宇都宮支部

yuu.jpgyuu.jpg
No.0004
幹部補佐 松崎 優也
南関東エリア 東京支部

shu.jpgshu.jpg
No.0005
システム管理 大槻 修平
福島本部

tama.jpgtama.jpg
No.0006
企画部 玉井 由理恵
福島本部

aiko.jpgaiko.jpg
No.0007
経理部 柳沼 亜維子
福島本部

monica.jpgmonica.jpg
イメージキャラクター
モニカ・D・サトー

※1 画像をクリックすると各作品ページをご覧頂けます。
※2 写真はそれぞれ幼少時代のものです。(モニカ・D・サトーを除く)

構 成 員 配 置 図

構成員配置図.png

東日本を芸術と文化で放つ祭り集団・小島企画。東日本、特に東北を中心に写真や絵画、映像など視覚的な表現手法によって、各々が感じる東日本地域一帯の生活と文化を、なすがままに捉え、自己表現を行っている。代表である小島は、主に映像や手描きアニメーションなど、時には実写と手描きを混合させた映像制作によって仙台-郡山ラインを拠点にして活動を行っている。大学時代の友人でもある山形支部の尾形篤は、山形県を拠点に、山形の漂わす自然や風景など、瞬間を一期一会と解き、その瞬間の時間や空気、時に匂いや音など、すべてを一枚の写真に撮りこむ才能を持っている。代表補佐でもある東京支部の佐藤大地は、リアルイラストレーターとして東京でフリーとして活動するイラストレーターだ。ポップでビビットな作風でありながら、アバンギャルドで毒々しい色彩感覚を持つ、優れたイラストレーターでもある。幹部補佐である松崎優也は、2008年頃から本格的に写真活動を独自で展開しており、彼が撮影するその被写体や風景は、不思議にもすべてに懐かしさと繊細さを感じさせるメカニズムが構築されている。2012年以降、その才能は写真だけにはとどまらず、映像やポートレート制作活動にも展開する予定だ。

東北エリア・宮城支部に属する代表の小島直人は、映像及びアニメーション制作といった活動をおこなっている。小島企画の心臓部分でもある福島本部(郡山市)では、それぞれシステム部・大槻修平と企画部・玉井由理恵によって管轄され、福島県の現状をリアルタイムで把握している。関東エリアは大きく二つに分け、それぞれ北関東と南関東に配置している。福島からの情報を、北は宮城支部、南は北関東から南関東へと情報提供することが可能となる。また、東北エリアには新しく山形支部を設置している。これは、宮城支部からの情報を山形に提供することで、宮城-山形のラインがより強力なものとなる。